プロジェクターが子どもの可能性を拡げる アラジン ベースの紹介

プロジェクターで子どもの可能性を拡げるとは?

私が昨今の子どもたちを見ていて「かわいそうだな」と思うことが1つあります。
それは、このコロナ禍の影響で子どもたちの「体験」が非常に減っているということ。
例えば分かりやすいところで言えば花火大会。私たちが子どもの頃は、夏になると花火大会が必ずあって、満天の夜空にきらめく大輪の花火を見ては感動したものでした。しかし、今年の夏こそ少し復活はしましたが、依然、コロナの影響による花火大会の中止などにより子どもたちが花火大会で大輪の花火を見るという経験は少なくなってきています
また、旅行も著しく制限されています。これまでは子どものうちに家族で旅行に行き、自分の知らない世界を見ることで自らの見聞を広め、情操を発展させるということができていましたが、今ではなかなかそういうことも自由にできません
そういう時代だからこそ、活用したいのがバーチャルの世界です。現実に本物を見て得られる感動・印象には多少劣るかもしれませんが、それでも何もしないよりはきっと遥かに色んな感動を得ることができるんじゃないでしょうか。
そして、そのようなバーチャル体験はきっと、テレビやパソコンのモニターでやるよりも、より大きな画面で見る方がより本物を見るのに近い感動が得られるはずです。
そこで、今回はそのような体験をサポートするために使ってほしいモバイルプロジェクター、「アラジン ベース」を紹介したいと思います。

アラジンベースの購入はこちらから!

アラジン ベースの特徴は?

アラジンベースの特徴はなんといっても小さいこと。
大きさは幅が80㎜の高さが169mm、奥行が80mm。だいたいコーヒーなどが入って売られている500mlくらいのボトル缶と同じくらいの大きさでしょうか。
非常に小さいので、普段から家の室内にポンっと置いておいても邪魔になりません。
また、色も機械にありがちなグレーではなく、温かみのあるオレンジ色。なので、部屋に常時置きっぱなしにしていてもインテリアとして映えること間違いなし。
個人的には寝室に置いておくのがオススメ。お子さんと一緒に寝るときに、アラジンベースを使ってキレイな花火の映像や自然の映像、動物や絵画の映像を壁一面に映してあげることで、まるで自然の中にいたり美術館の中にいたり花火会場にいるかのような体験をさせてあげるとお子さんの情操教育に非常に効果的だと思います。

スマートライトとして活用することでさらにオシャレ空間に

アラジンベースはプロジェクターとしての使用だけでなく、スマートライトとしての使用をすることも可能です。
音楽に合わせて光を演出するサウンドモードや、光のリズムに合わせて呼吸をすることにより入眠効果が促されるスリープモードなど5つのモードが搭載されており、シチュエーションに合わせた光の演出をしてくれることでよりあなたのお部屋をオシャレに、美しく彩ってくれます
また、計時機能も搭載されているので、壁掛け時計の代わりに使ったり目覚まし時計代わりに使うことも可能。これまでは目覚まし時計やスマートフォンのタイマー機能など、無機質な音で「起こされていた」あなたも、アラジンベースを使えば自然と「目が覚める」感覚を味わうことができます。

もちろんプロジェクターとしての機能も充実

アラジンベースはただオシャレなアイテムというわけでもありません。
きちんとプロジェクターとしての機能も充実。
映像の明るさは200ANSIルーメンと非常に明るいものでありますし、画面の大きさは最大100インチまで投影可能
内部にはAndroidOSも内蔵されているので、これ一台でネットに接続してNETFLIXやAmazonPrimeなどから直接動画を映すことも可能です。
小ささも相まって、どこでも手軽に映画館を作ることができますよ。

アラジンベースの価格は1台69800円です。ぜひあなたも、アラジンベースで新しい体験をはじめませんか?

アラジンベースの購入はこちらから!